2018年4月24日火曜日

カレー作り 南インド

先週末の土曜日(4/21)のカレー作り。
ビリヤニを作りつもりが家内がカレーがいいと言うもんで、なかなかメニュが決まらず難儀しましたが南インドに落ち着きました(-_-;)
メインにマラバールのえびカレー、パパド、ココナッツ風味のダルカレー、カチュンバルサラダ、ココナッツライス、ジャガイモのポリヤル、作り置きの人参アチャールにヨーグルト。実際作ったのはパパドを揚げるのを入れて6品。これぐらいだと作るがだいぶ楽になってきた。
マラバールとは南インドケララ州にある海岸で、ココナッツミルクたっぷり入ったエビカレーです。インド製だったオーバルのステンレスの器はダイソーで買ったもの。ええでしょう~確か108円!だったと思う・・
ダルにもココナッツミルクを入れて、ご飯はココナッツライスだし、ポリヤルのはココナッファィンを使っているので今回はココナッツ尽くしです。
南インドやスリランカではよくあることですがココナッツの淡い味やコクは爽やかで暖かくなると合いますね。
家内が今までのえびカレーで今回が一番美味しかったと言ってくれました。
持ち寄り会で作ったチングリマライも相当美味しかったですが、家内は食べていない(笑)
どちらにしろエビカレーはだいぶウマなったな◎
実は大のえび好きです(笑)

持ち寄りスパイス料理会 

4/16の持ち寄り料理会のテーマは「春」。食材や彩りで春をあらわすこと。
今までの国や地域の括りではなく、いかにも日本らしいテーマでした。
私はチングリマライ(エビカレー)、ダルカレー、ビーツのキッチャディ、筍とウスイエンドウのプラオの4品。


上からチングリマライ、ダル、そら豆のレモンラッサム

筍とサグ

スリランカ・フライドチキン

左側がそら豆入りワダ

ビーツのキッチャディはビーツを茹でたのとヨーグルトにココナッツチャトニをミックスしたもの。

筍とウスイエンドウのプラオ
ビーツのキッチャディは初めて見るとこれはなに?と言うインパクトですが、南インドのケララ州の料理でこのピンクが明るくて春らしい。ケララの料理は全体的に明るい色目が多い。
筍とウスイエンドウは前の日に行った御坊の産直で買ったもの。関東にウスイエンドウは出回らないようですが、大阪は和歌山のウスイエンドウは春に出るので、この時期はクリーンピースの代わりに使います。
その他食材は蕗、ウド、春キャベツ、鰆などが使われていました。
今回はフルメンバー8名が集まり、明るくにぎやかで美味しい春の夕餉になりました。

2018年4月20日金曜日

波乗り 御坊リーフ

4/15、久し振りの波乗りです。3ヶ月も空いてしまった。
お昼前に出発して2時ごろに御坊着。前日足早に通り過ぎた低気圧の南うねりが風に抑えられながらもなんとかサーフィンできるぐらい残ってました。
セットで胸ぐらい。写真でも分かりますがサイドの風が強くテイクオフの時にしぶきが顔に降りかかり目を開けてられない状態。早めのテイクオフを強いられます。
こんな時はテイクオフが早いニーボードが有利なので今日はニーボード。
ニーボードは足ヒレを付けて波に乗る時にバタ足をするのでその勢いでテイクオフが楽なんです。パドリングだけのショートボードより確実に有利です。
 お陰でブランクを感じずいい波に乗れました。リーフの波はサイズがなくともきれいに割れていいですね~
海水温はまだ冷たく感じます。ウエットスーツは冬用のセミドライを着ます。でもブーツは履かなくてもイケます。 着替えていても震えることもありません。
これからの季節は海に気持ちがいきますが、もう少しスキーもしたいので夏まで両刀でいこう!

カレー作り 南インドゴア風ターリー

4/14に東京から甥っ子家族が訪問してくれてカレーを振舞いました。
南インドのアラビア海沿いにあるゴア州の料理を何品か集めたターリーにしました。
 メインのカレーはゴア名物ポークビンダルであとゴアのはキャベツのフーガットとチキンカフレアルの3品。
その他はダル、カチュンバルサラダ、バスマティライス、ジャガイモの素揚げにチャットマサラを振りかけたもの、人参とウスイエンドウのポリヤル、アチャール(人参とキュウリ)パパド。デザートにイチゴヨーグルト。
甥っ子の2歳半の子供にはポークビンダルは辛いので家内がハヤシライスを作るがダルカレーは自分でご飯にかけて食べていました(笑)甥っ子夫婦も完食して美味しいと言ってくれました。自分的にはバランスのいい出来だったと思います。
前の日からの仕込みと当日は8時から12時まで掛かりましたが甲斐があったということです。

スリランカダイニングアマヤ阿波座店

4/8に遠方より友来るで、金沢から来阪のしまさんと夜のアラカルトをスリランカダイニングアマヤ阿波座店で頂く。
フィッシュカレー
ポークカレー
パロタ

フライドライス
コットロティ
サグダルカレー
レッドライス
中ほどにある小さな白の器はサービス!でポルサンボル、アラテルダーラ、茄子のモージュ、辛いサグダル
最後の〆にチャイ。ワダラッパンもサービスしてくれました。
二人でこれだけ食べれるから不思議です。スリ飯はスルスルと入っていきます。
アマヤの料理は上品で食べやすく美味しい。いかつくなくこれでも感がないのがいい(笑)
それとサービスがたくさんくるのが非常にありがたい!
何度か行って顔を憶えてもらっているのからかもしれませんが、サービスが6品はあった。
そう言えばアマヤ河内長野店でランチを食べたときもサービス品の嵐で食べすぎで腹を壊したことがあった(笑)
そこで私は思う「アマヤさん兄弟は気前がいい!」と。ご馳走様でした。

京都 インド食堂タルカ

4/4に京都のタルカでコース料理を6名で食べに行く。
実は2/14にもコース料理食べてますが、1ヶ月半おいてもう一度です(ブログには上げてません(-_-;))。
夜のタルカ・入り口
前菜・パパドとクリーンチャトニ・トマトチャトニ
これも前菜、チキンピックル。結構辛い
マトンキーマドーサ。これは非常に珍しい~屋台系か(黒板に説明あり)
 ふたつタンドリーの焼き物が続く
タンドリーカリフラワー
タンドリーチキンマライティッカ
芽キャベツのチェチナードワルワル(黒板に説明あり)
レモンライス
アッパー(スリランカではインディアッパーと言う)
マトンのドライ系のカレー
イェルワリコランブ(黒板に説明あり)
サラダ(発芽ダルのサラダだったと思います)
テンパリングされたダルカレー
アチャール
タンドリーロッティ


チャイで〆る
いやいや美味しかった美味しかった、食べ終わってすぐにみんなが「また食べたい」と言っていた。私は特にイェルワリコランブが美味しかったなぁ~ベジでこんなに美味しいと思ったことは今までにないですね。
またこの食べた満足感や幸福感が2.3日続くんですよ。信じられない!
食べ物でここまで幸せになれるのね~いやいや参った参った。

2018年4月5日木曜日

カレー作り 北インドターリー

3/31のカレー作りは北インドターリー。(また北インド(笑))
パラクパニール(インドチーズとほうれん草のカレー)
チキンマライティッカ
ダル
ジャガイモとインゲンのサブジ
人参のアチャール
カチュンバルサラダ
バナナヨーグルト
パパド
サフランジーラライス(サフラン色のクミンシードご飯)
また牛乳と生クリームを煮込んでパニール(インドのチーズ)を作りましたが、今までのようにうまく凝固が進まず焦りました(-_-;)固まりが甘くバラバラになってしまいましたが、
味はほんのりとレモン汁の酸味が効き美味しかった。
人参のアチャールは教えてもらっていいのが出来ました。
今回の一番はチキンマライティッカ!ヨーグルトと香菜でマリネしてオーブンで焼く。
ナイルさんのレシピで作りましたが、前にフライパンで焼くタイプを渡辺玲さんから教えてもらったことがあり、どちらも美味しいです。
久し振りに作ったので手際が悪く6時間も掛かってしまった。もうヘロヘロ。
本当はチヤパティも作るつもりが時間切れ(´;ω;`)

2018年4月4日水曜日

ニセコでスキーとカレー(ニセコ編)

札幌からバスで3時間弱24日の正午にニセコ着。
すぐに着替えてニセコのメインゲレンデのグランヒラフへ。
ここ数日降雪がないのでパウダーはなかったですが、晴天で気持ちがいい春スキー。
ゲレンデから羊蹄山がクッキリと見えました。パウダー時期にはこんなにきれいに見えないようです。
今度はニセコのお山、ニセコアンプリをバックにピース(笑)
春スキーですが、さすが北海道気温が低く、暑くて汗かくことはありません。滑った3日間は場所にもよるがほぼいい雪で滑れました。
新しい板アトミックバックランドと最近使ってなかったガルモンドのブーツが相性良く、
久し振りのテレマークスキー3日間滑ってだいぶ戻ってきた感じです。
 3日目の夜にニセコの街で晩御飯を食べに出ましたが、街を歩いてる9割が外国人。白人は半分アジア人が半分ぐらいの割合。日本人は宿で食べているのが、若者が少しいるだけ。スキー場でも半分は外国の方でした。街を歩いているとどこかの外国の様です。10年前に家族と来たときはこんなことはなかった。ここ10年でえらく変わったなぁ~複雑な心境です。
ヒラフ坂から羊蹄山。街は非常に小奇麗に
 レストラン街でインド料理店発見!ボンベイスィズラーズ。

ここはインド人オーナーとシェフで本格的インド料理。きれいなホテルレストランの様式です。北インドの料理がメインですが、南インドのカレーもありました。
オーナーは十年前にウラジオストックから札幌に移り、今では北海道に数店レストランを持っているようです。
オーダーは
サモサ
 タンドリーチキンとシシカバブの焼き物セット
パラクパニール
南インドのカレー、チキンマルワニ
ナン
タンドールロティ
どれも美味しく本格的です。
北インド系なのでカレーとパンで攻めましたが、ビリヤニなどのご飯系も充実しておりました。
ここでも日本人は私達だけで、ホールの定員もニュージーランド人の女子。

他にもバスで営業しているカレー屋さんも ありました。
憧れのニセコでテレマーク復活できて、いいツアーでした。
付き合ってくれてイカちゃん、ありがとうね~