2018年2月15日木曜日

カレー作り バターチキンカレー、ダルカレー、アルベイガン、カチュンパルサラダ、サフランジーラマタルプラオ、パパド、ピクルス、カジャルハルワ、ヨーグルト(甘酒入り)

2月4日の日曜日にカレー作り。ほぼ北インドでまとめました~
バターチキンカレー、ダルカレー、アルベイガン、カチュンパルサラダ、サフランジーラマタルプラオ、パパド、ピクルス、カジャルハルワ、ヨーグルト(甘酒入り)
やっぱりサフランはターメリックより黄色が淡くきれいですね。当り前ですがサフランとターメリックでは香りが全然違います。サフランの方が高級なスパイスなのでお店ではなかなか出てこないです。ビリヤニにはサフランを使います。
ジーラはクミンシード、マタルはグリーンピースですがこの日はうすいエンドウを使いました。冷凍のグリーンピースよりうすいエンドウの方が旨いから。
このバターチキンはナイルさんのレシピで玉葱を使わないタイプ。めちゃ上品できっと誰もが好きになる味でしょう。
その右隣りはアルベイガン。アルがジャガイモでベイガンが茄子。これもナイルレシピ。多分初めて作ったと思いますがこれは美味しかった。息子がこれがあったら肉いらんと言っていました(笑)油と茄子の相性が良くジャガイモは甘味と歯ごたえがあり、ご飯が進みます。
前から作りたかったインドスィーツ、今回初挑戦ガジャルハルワ。ガジャルが人参でハルワはお菓子。人参のすり下ろしにミルクと砂糖で煮詰めて作ります。
食後のデザートです。初回にしてはまずまずの出来でした。
ヨーグルトにはアルコール分のない甘酒をトッピング。これは家内のアイデア。
甘酒単体だと甘く濃いですが、ヨーグルトで割ると甘味が淡くなりクリーミーになるんです。たぶん腸内細菌環境にはベリーグッドではないでしょうか(笑)
久し振りの北インド料理は楽しく美味しい~

2018年2月1日木曜日

カレー作り1・2

カレーも作ってますよ~なかなかアップできないだけ(-_-;)
カレー作り1 スリランカライス&カリー ビーフカレー、パリップ、白菜のマッルン、
アラパドゥマ、ビーツのキラタ、フルーツヨーグルトにバスマティライスと7分搗き米のハーフ&ハーフ(1/3)。
ビーフカレーは圧力鍋で時間短縮。煮る時間が1時間が15分に。

キャベツが無かったので白菜でマッルン
フルーツヨーグルトのリンゴは無農薬なので皮つきのまま使い、干し柿は自家製です。
ビーフカレーは圧力鍋で作るとすぐに出来ます。少し汁多めのカレーになります。
お肉はやらやらで旨い!

カレー作り2 またまたスリランカライス&カリー(1/20)
ポークカレー、パリップ、ポルサンボル、キャベツのマッルン、鰆のアンプルティアル(鰆のゴラガ煮)、人参のココナッツミルク煮、パパダン、マヌカハニー入りヨーグルト、ライスはポンニライスと5分搗き米のブレンド。
  久し振りに鰆のアンプルティアルを作りました(プレートの右下)。魚は鰹や鯖でもいけます。ゴラガ(ガルシニア)で煮込んでいく、ゴラガの酸味とスモーキーな味が魚にしゅんだ酸っぱいおかずでご飯や酒が進みます。日持ちもします。
久し振りにしては上出来でした。
キャベツのマッルンは外葉の緑の濃いところを使います。

 このポークも圧力鍋使用。美味しく出来ました。
3回続けてスリランカライス&カリーを作るとだんだんと慣れてきました。同じ国や地方の料理を続けて作る方が慣れてきますね。